オーナー初心者なら要検討

マンション

煩わしい手間を省ける

オーナーが不動産投資を専業でやるのであれば、維持するための管理を自分で行うことも不可能ではありませんが、本業が別にあり副業として家賃収入を求める場合は、購入後に手を出すのが困難となります。賃貸物件では入居者の募集から始まり、入居後には借主のクレームや設備の点検、近隣住民とのトラブル、家賃の回収といった実に様々な業務が発生します。特にクレーム処理などは時間にかかわらず連絡がくることもあり、サラリーマン大家としてやっていくには難しいでしょう。そうした手間を省けるのが賃貸管理会社のサービスで、オーナーが行うべき管理業務を代行してくれます。手間が省けるというのは大きなメリットで、実際に賃貸管理を委託する場合は、家賃収入の数パーセントを支払うことになりますが、少し収入が減るだけで手間がなくなるのは魅力的と言えます。本来は賃貸管理を自身で行うのに様々なノウハウが必要になりますが、それらを専門家に任せられるのは心強いものです。入居者を募集するなどオーナー初心者では何をすれば良いか分からないことも多く、しばらく空室のままなんてこともあり得る話です。賃貸管理会社はその専門性で入居者の募集もしているので、空室リスクを避ける意味でも活用できるのです。特に住民のクレームやトラブルは、個人で仲裁などするのは難しいものです。オーナー初心者なら相手を激高させかねないこともあるため、住民と顔を合わせたくないような人などに向いています。